神戸貨物ターミナル駅着発3番線

貨物を中心に色々と撮影

JR北海道管内

定番

音別海岸をゆくDF貨物。定番撮影地が定番たる所以をここに見た。














2092 DF200-107[五]+コキ 根室本線 音別~尺別

振り子車体


国鉄末期より開発されたカーブ時の乗り心地向上のため車体を傾斜させる装置であり、新幹線が通らない北海道や四国の気動車特急のスピードアップに貢献している。
車体を傾けて高速で通過する長編成の気動車特急、いつの時代も美しい。














4006D キハ283[釧]×7 根室本線 浦幌~常豊(信)



東経144°

日本の最東端に程近い釧路市、秋分の日近くであっても日の出が5時すぎと関西に比べて1時間ほど早い。この2091列車は釧路に6時台につくとても光線のいい列車であるが海岸線を通るだけあってなかなか晴れでおさえるのは難しい列車でもある。
一日中晴れ予報が3日続いたが太陽が姿を表したのはこの日だけであった。














2091 DF200-10①[五]+コキ 根室本線 音別~古瀬

北見臨貨

毎年秋~冬に運転される北見~北旭川間の臨時貨物列車。ロケーションもよく、コンテナの色も揃っており被写体としてはとてもよい列車であるがなかなか行く機会に恵まれず、ついに鷲別DDの時代に行くことが叶わなかった。
トラック転換が進み往時の3往復から1往復に減便され猶予も残り僅かとも聞かれるが常紋峠に挑むDFの姿はいつまでも見ていられるものであった。





















8071 DF200-108[五]+コキ+DF200-103[五] 石北本線 生田原~金華(信)


北の大動脈

取扱量の少ない貨物駅がORS化されている現在、非電化区間を走行する貨物列車はほぼなくなっていると言っても過言ではない。
しかし五稜郭~苫小牧は札幌~本州間の貨物列車が往来する本線でありながら電化されておらず、DF200形ディーゼル機関車が貨物列車を牽引している。
非電化本線を長編成貨物が通過する光景は今や日本では北海道ぐらいでしか見ることができないだろう。















2050 DF200-12①[鷲]+コキ 室蘭本線 伊達紋別~北舟岡
プロフィール

estarnal

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ